ブログトップ

なないろめがね

2009年 06月 02日 ( 1 )

逢いに来たよ。

北鎌倉を散策し、昼食も済み、さてどこ行こう。
本来ならこの後で鎌倉駅に移動し「鶴見八幡宮」に行く予定だったのに、
さっき迷って歩いてる間に着いちゃったし・・・・。
歩き疲れたので夜に行かなきゃいけない横浜に向かおうとも思ったんですが、
わずかな時間を利用して、ちょっくら移動しますね。
c0116714_353629.jpg

隣駅の鎌倉駅に移動し、そこから「江ノ電」に乗り換え。
江ノ電に揺られ、3駅隣の「長谷駅」へ。
改札を出て左を向けば、200メートルも無いかな・・・、
c0116714_355826.jpg

あの突き当りの向こうが今回の目的地。

そう、海です。「由比ヶ浜」
c0116714_363029.jpg

この日は僕の誕生日。そして本来なら病室の祖母に逢いに行く約束をしてた日。
大阪に帰る前にお墓参りに寄ろうかと思ってたんですが、
時間も体力も厳しくなってきたので、祖母に逢いに来たんです。
前にも書きましたが、祖母の家からすぐの所に海がありまして。
潮の香りは、僕にとっては「おばあちゃんの匂い」なんです。
何よりも記憶が蘇るスイッチなんです。
c0116714_375340.jpg

浜辺に降り、ここでも邪魔なスーツケースを引きずりながら水際へ。
打ち寄せては引いてゆく波を、ただただ静かに眺めていました・・・。
c0116714_391100.jpg

あ、もしかして・・・いや、あり得ますね・・・。
スーツケース片手に立ち尽くし、物憂げに海を眺める僕を、
周りは、「伝説のサーファーが地元の海に帰ってきた」
的な感じで見てたかも知れません。
え?無いですか?・・・・ないですね。色、白すぎですわ(笑)

c0116714_391744.jpg

海沿いの道をガラガラ歩く。
風に運ばれる潮の香りを嗅ぎながら。
潮の香りを運ぶ風を、全身に浴びながら。

この浜には同名の「由比ヶ浜駅」より、僕が降りた「長谷駅」のほうが近いんです。
ですから海沿いを歩いて、帰りは由比ヶ浜駅から帰ろうと思います。
・・・・ん~・・・、駅はどこかな?(笑)
標識ないから適当に歩いてましたけど、そろそろヤバそう。はい、長年の勘です。
こういう時は、早めに人に尋ねるのが一番。
「すいません、由比ヶ浜の駅ってどっちですか?」
「由比ヶ浜ですか?ここからなら鎌倉駅のほうが近いですけど・・・」
・・・ま、一貫してこんな感じですよね、僕って(笑)

ちょっと早いけど、身体が結構疲れてきてたので、もう次の目的地に向かいます。
とりあえず、横浜駅へ戻ります。
「あばあちゃん、またね」
[PR]
by monsieur-enfant | 2009-06-02 03:25 | 北鎌倉旅情