人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

今日は芦屋へ野暮用の為、なかなか足を運んでない店に顔を出すことに。
夙川にあったビストロが、阪神西宮に移転。
移転後は一度も行けておらず、住所を頼りに店探し。
荷物は多いし、何せ暑い・・。
あ、ここのシェフとは、僕がフランスに行く前、渡仏資金を稼ぐ為に
北新地で働いてたころ・・・って、あ、以外に早く見つかりましたね。
ん?「先月から定休日変更」?・・・変わったなら言えよ~!(笑)
ま、ロマンチストでサプライズ下手の僕には、珍しくない光景なんですけどね・・・(笑)
じゃ、この店と、途中になっちゃったエピソードはまた後日ということで。

c0116714_136029.jpg
てなわけで、急遽心斎橋へ。
同行者のリクエストで、リニュして間もない
「ビストロ ア ヴァン ダイガク」さんへ。
イメージしてたより、こじんまりとした飾らない店構え。
店名の「ダイガク」とは、ソムリエでもあるオーナーの
お名前なんですね。
シェフは前に店に遊びに来て下さってたので、
来なきゃ来なきゃ・・と、思ってたんです。
僕は必ず、お礼参りはしますからね(笑)

c0116714_1441432.jpg


いやはや、ホントに素敵な店内。
照明も、好きな暗さですね。
席の間隔も、ゆったりとられてます。

とりあえず、シャンパンをグラスで・・。


c0116714_1562119.jpg
アミューズは、
ガスパチョとグージェール。
昼食が遅く、
しかも量食べてたので、
ガスパチョは嬉しい。
あ、それと無駄に歩いたので(笑)



c0116714_213660.jpg
アシアカエビと
羽曳野露地トマト、
水ナスのサラダ。
満腹感ゆえ、注文も比較的
胃にやさしめ(笑)




c0116714_10325217.jpg


パテも、比較的あっさり目。
食べなれてない方でも
食べれるんじゃないかな?




c0116714_10394932.jpg

鴨と白ねぎのタリアテッレ
意外と冷たいものばかり頼んでたので
良いチョイスでしたね。
鴨のラグーと、クタクタの白ねぎが
タリアテッレによく絡んできます。



c0116714_10463352.jpg
ちょっとね、寒かったんですよ、室内が。
ですので丁度良いチョイス。
ホロホロ鶏と冬瓜とキャベツですね。
なんか・・・ほっこりです(笑)
でもね、フランス料理は
別に、濃いものばかりではないし
こういう毎日食べれるようなものを
家庭では食べてるわけです。

c0116714_10572052.jpg

デセールはブランマンジェ。
昔、レストランで働いてたとき
死ぬほど食べたので、
それ以来あまり食べなくなりましたね。
久しぶりで、なんか懐かしさすら・・。



c0116714_1115187.jpg
今日のお供は
アルザスのリースリング。
それ以上の知識はありません。
白は大体アルザス。
アルザスが好きだから(笑)
あとは、ロワールとサヴォワのかな。
だって友人がいるから(笑)
知識のない僕は、いつも
思い出と共に飲むんです。

ダイガクさんも、もんのスゴイ気さくな方。ソムリエとして、
知識や経験をひけらかしてくる方もおられますが、
基本「楽しんでってください」ってのが、店自体からも伝わってくる良いお店です。
料理も、奇をてらわず、比較的わかりやすいメニュー。
「フランス料理は難しくて・・」なんて、構えてしまう方でも大丈夫ですよ。
でもダイガクさんが「自分が、ワインだけってのが嫌なので」と、おっしゃられるように
しっかり作りこまれ、ワインに負けないお料理でした。
何より、お店の雰囲気が心地良いですね。
キュイジニエがおろそかにしがちな部分を
ソムリエがオーナーになると、こうなるのかぁ・・と思う空間作りでした。
シェフにも顔出せたし、良い時間でしたね、うんうん。

ダイガクさんのお人柄にも、お店が放つ空気感にも、
そしてもちろんワインのアルコールにも(笑)
気持ちよくしていただき、帰途につきましたとさ。
また寄らせていただきますね。ご馳走様でしたぁ。
# by monsieur-enfant | 2007-07-26 11:29 | ビストロ ア ヴァン ダイガク

取り急ぎ・・

変態パン 2007 サマーコレクション(笑)

・・・名前が決まらないまま、店には並んでます。
キウイと山葵 レモンとホワイトチョコをちょっとづつ・・
c0116714_9363140.jpg

個人的には、そんなに変態じゃないんじゃないかと・・・気持ち悪いですか?(笑)
# by monsieur-enfant | 2007-07-25 09:38 | シュクレクール

東成区の「非日常」

ついに来たか・・というより、この日が来てしまったという緊張感に駆られます。
面識はないものの、ご主人が僕のパンを食べてのお招き。
「料理を挟んで、話がしたい」と、おっしゃって下さったらしく、今回のセッティング。
しかも、ご主人自ら来店いただいた時、僕は暇過ぎて店の裏手を散歩してまして(笑)
・・・いや、笑い事やなくてね、文章から伝わりますか?この緊張感・・。

ま、それでも時間はいつもどおりギッリギリ。ぶっちゃけ、どんぴしゃ(笑)
正直、悠長に写真など撮ってる暇は無かったんです、はい。

季節料理 「津むら」
c0116714_6155832.jpg

16年前に改装されて、今のスタイルに。
扉を開けて足を踏み入れれば、僕のような若造を威圧するには十分な落ち着いた店内。
奥様に出迎えていただき、チラッと横目に入りつつも見ないようにしていた、
ご主人とセッティングしていただいた方の待つカウンターへ。
・・・笑顔が引きつる(笑) 最初、何を話したか全然覚えてない・・。
二十歳でこの世界に入り右も左もわからなかった頃でさえ、当時の店長さんの友達に
「十年選手みたいやな・・」と言わしめたり(しかも同業者)、
高校の野球部時代、監督直々に「高校球児らしさがない」と告げられた(笑)
素でふてぶてしい僕には、とても珍しい事なのです(良いのやら悪いのやら・・)。
ふてぶてしくて尚且つ、人見知り。 ・・めんどくさい奴です。あ、シャイとも言います(笑)
その緊張が解けたのは、「とりあえず・・」のビールもありますが
なによりうちのパンの話になった時の「ほんまに美味しいわ」と話す、ご主人のお顔・・。
本当に美味しそうに、嬉しそうに、にこやかに話すお顔・・。
「絶対、悪い人じゃないわ」って、失礼ですよね(笑)
さて、ここからは、「津むら」の世界をご堪能下さい。

温泉卵、穴子、新牛蒡(実山椒) ジュレがけ
c0116714_61622100.jpg

一品目、もう少しやさしく滑り出すのかと思ったら、ジュレのお出汁もしっかり。
みょうがが、強烈なアクセントに。「行くで。気合入れて食べてや」と言われたかのよう・・。
 
椀物 グリルした甘鯛と天然の舞茸
c0116714_6165439.jpg

椀の中で「ワッサー」と茂る、天然の舞茸のあふれる生命力。
サッとグリルされて甘鯛の皮の香ばしさが・・。この皮だけで、ご飯一杯はいけそう(笑)
 
清酒 鄙願
c0116714_617176.jpg

「お造りにはこれ」と勧められて。新潟のお酒でなかなか手に入らないんですって。
本当に久しぶりの日本酒。居酒屋でラッパ飲みしてたのは遥か遠い昔(笑)

お造り 天然の平目
c0116714_6173599.jpg

ため息出るほど美しい・・。添えられたえんがわも目を閉じて唸る美味しさ。

器も素敵です。日本にしかない佇まい。控えめで、厳かで・・。「日本人」を実感します。
c0116714_618128.jpg


いくらご飯(かまどご飯)
c0116714_6181832.jpg

理性は吹っ飛び、かきこみました(笑)


蓮根饅頭 鮑
c0116714_6195356.jpg

・・・・・。黙って食べててもいいですか?(笑)

トマトのソルべ
c0116714_6281318.jpg

オリーブオイルとバルサミコがかけられたソルべに白ワインを合わせていただいてると、
ここが和食割烹であることを忘れてしまいそう。

c0116714_6285354.jpg
ゆるりゆるりと流れる時間に、
会話の華が咲き、
美しく繰り広げられる「津むら」の世界に
心地よいお酒の酔いも手伝って
ここがどこかなんてどうでもよくなり
「津むら」という空間に身も心も委ねる・・。
浮世の雑踏とは無縁の世界
楽しみに来たお客と
楽しませたいご主人と・・
そこが絡み合った時、異質の空気が流れる
単純に気持ちいい
恍惚の表情すら浮かべながら
シャンパーニュ片手に
またご主人に身を委ねる



自家製スモークサーモン
c0116714_6324336.jpg

今までのスモークサーモンは、なんやったんやろ・・と思わざるを得ない逸品。
これ、本当にすごかった。ボキャ貧の僕にはこれが限界(笑)

上賀茂の賀茂茄子 柚子味噌田楽
c0116714_6334833.jpg

一個一個コメントしなあかんの!?もういいでしょ?(笑)


吉田牧場のカチョカバロ グリルしたイチジクと
c0116714_6341015.jpg

一般では入手困難(不可能?)な吉田牧場のチーズです。
フレッシュのイチジクとの相性も秀逸。


太白油で炒めた、とうもろこしご飯。
c0116714_6342991.jpg

生のとうもろこしを、太白油とお醤油で炒めて、かまど炊きご飯にぶっかけただけ。
それだけでこの旨さ。香ばしく、絡んだ油分も甘みを引き立てる。・・家でパクろ(笑)


本蕨粉の蕨餅 和三盆と黒糖
c0116714_6344796.jpg

まいった・・。これ、単独で和菓子屋できるよ、ほんと。

良い出逢いに感謝、美味しいお料理に感謝。
良い時間に、良いお持て成しに感謝。
この場で今日という日を感じれたこと
ご主人の空気に触れさせていただけたことに感謝。
この席を設けていただいた方にも感謝。
出会いのきっかけを作った僕のパンには、「でかした!」(笑)
また勉強させていただきに参ります。
# by monsieur-enfant | 2007-07-19 14:21 | 季節料理 津むら

生活臭

ちょっと一休み・・・。
涼しい夜が続くので、湿気さえ我慢すればクーラー無しでも大丈夫。
c0116714_2284573.jpg
そこで活躍するのが「扇風機」。
今年、ロフトにて一目惚れした一台です。
扇風機の売り場じゃなくて、
ベッドの脇に置かれてたのを、
「これ売り物ですか?」
「扇風機売り場には無かったですって!」
「在庫調べて下さい!」(必死)
ありました。一台だけ。
「買え」と言うお告げですな(笑)
ってなわけで、勢いで購入。
その勢いで「持って帰ります!」
これがめちゃくちゃ重いのなんの(笑)

これが普段乗らないタクシーに乗ることに繋がりそのタクシーに携帯を忘れて
「FUJIYA1935」にてご迷惑をおかけすることにまで繋がった
曰く付きの扇風機です・・。                

c0116714_2444549.jpg
何に惚れたかといいますと、
色、質感、は勿論のこと。
切り替えも、たったこれだけ。
この親切過ぎない突き放された感じに
ゾクッとくるわけです(笑)
「十分でございます」と
服従したくなってしまうわけです(笑)


ま、たまにはどうでもいい話もいいでしょ?
# by monsieur-enfant | 2007-07-13 03:01 | とりとめなく・・

え~っと・・、カメラのバッテリーが切れまして(笑)
写真は、後日、お店を撮らせていただいたものです。
ここは是非料理を見ていただきたかったんですよね・・残念。
シェフの了解も得てますので、次回は料理の写真もご紹介しますね。
c0116714_95367.jpg
今日は、同じ北摂の
豊中は阪急岡町駅から徒歩4分
イタリアン「エルバウ デコラスィオン」
北摂イタリアンの「雄」ですね。
駅から近いとは言え、大きな道路にも
面していないにも関わらず
自分たちのスタイルは貫きつつ
全国誌にも度々登場なさってる
北摂では希有の存在です。
c0116714_1082371.jpg
シェフとマダムは、共にイタリア、スペインと修行し、
あ、確かイタリア時代はFUJIYA1935の藤原夫妻と
同じ時間を過ごしてたそうな。
最大の特徴はと言いますと、同じ店内に
レストランと花屋さんが、共存してるってこと。
チャキチャキしたマダムがサービスとお花を担当。
またこのマダムのセンスが凄い素敵なんです。
ここでしかお願いできないような、
お花の組み合わせ色のバランス・・。
もっぱらお花はここでお願いするようになりました。
小さなスペースですが
マダムの花への愛情が溢れてます。

c0116714_1512873.jpg
シェフはとても謙虚で、
とてもとても熱い料理人。
しかし「このシェフが?」(失礼・・)
と驚かされる、繊細な料理の数々。
今やフレンチもイタリアンも無いような
ただポーションでかけりゃいいような、
そんな店が多い中、
きちんと手をかけ、目にも鮮やか。

c0116714_15134421.jpg
入ってすぐ右側には、
立ち飲みに利用できるBARも
あります。会社帰りに、ワインを
ひっかけて帰れる、素敵な空間です。
僕はもっぱら営業終わったころに
ひょっこり現れて、ここでマダムに
エスプレッソをいただきながら
シェフやスタッフさんも交えての
熱い熱いお話タイムばかりですが(笑)

いつもいつも「また頑張ろう!」をいただいて帰れる場所であり、
いつもいつも「もっと頑張らないと!」って熱く語るシェフとマダムの直向さに胸打たれ、
同じ北摂で、同じ悩みも持ちながら、業種の壁をとっぱらって対峙してくださるお気持ちに
ただただ感謝でございます。  「エルバウ」とは、シェフの働いてらしたスペインの通りの
名前。「デコラスィオン」もマダムが働いてらしたお花屋さんの名前。
お二人の各々の想いを形にされた、とても素敵なお店です。
自分で借金抱えながらも、チェーン店みたいな店ばかりが増えているなか、
「想い」とは、こういうことを言うんやないでしょうか?

どうしても「イタリア経由、スペイン帰り」的なところが注目されがちですが、
その根底には、譲れない信念と、弛みなき向上心という
多くの職人が忘れてしまったものが、頑なに、潔く、当たり前に
シェフの体の中に流れてるような気がします。
# by monsieur-enfant | 2007-07-11 10:12 | エル バウ デコラシオン