人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

ちょっと一息・・。
いただきものだらけの、ある日の昼食。
c0116714_5131560.jpg

親父の田舎の長崎は諫早産の玉葱。日本一の収穫量だそう。
アスペルジュ ソバージュ。いただかなきゃ勿論こんなの食卓には上りません。
あさりの煮汁と白ワインに、さっと、くぐらせて。
彩りの炒り卵と、茶色いのは青森産のアピオスという小さいお芋です。

おいしくいただきました。
ごちそうさまでした!
# by monsieur-enfant | 2007-06-08 06:13 | とりとめなく・・

5月16日 後半

何の因果か、2週続けての「デビッド セニア」(笑)
覚えてていただけてたのは嬉しいのですが、
「早速来ていただいて」の一言が、2週続いたのは偶然なだけに胸が痛い(笑)

c0116714_421158.jpg
右手の写真は、トイレにあったシェフの絵。
こう見えても(って、失礼しました)
ご存知、リッツ ・カールトン「ラ ・べ」の元シェフ。
フランス語はもちろん、英語、スペイン語、
イタリア語、タガログ語(どこ?)、日本語と、
語学に長けておられます。
・・・・こう見えても(言うなって!)。

キッチンにはフランス人も2名いて
飛び交うフランス語が、なんとも心地いい響き。
あ、俗語ばっかりですが(笑)
サービスも心地よく、お昼は2名の、
夜は男性も加わって計3名(かな?)の
フランス人スタッフとのやり取りも楽しいものです。
もちろん、僕は片言ですけどね。


料理もさることながら、ホントにこのレストランは楽しい。
「時間」を巧みに演出してくれる。
それは店側が「楽しんでる」からだと思う。
大事なことですよね・・・。
まず自分が楽しくないと、人を楽しませることなんて出来ませんもんね。
そして、それを共に楽しめる人と過ごす時間・・。
今日の日、今日の場所にいれて、嬉しいな。
今日の日、今日の場所にいてくれて、ありがとう。
# by monsieur-enfant | 2007-06-08 05:02 | デビット セニア

あ、そうそう。
こないだ野暮用で三国の簡易裁判所まで行ったので(笑)
帰りに中津で、うどんを食べてきました。c0116714_3312476.jpg
全くこの手のジャンルは
うといので
同行者任せでのチョイス。
中津 讃岐うどん「讃州」。
お若い店長さんなのかな?
ジャンルを問わず、
良い刺激なら大歓迎です!
え~っと、野暮用でしたので
カメラも持ってません。
同行者にお願いしたので、
普段、滅多に撮らない
料理の写真付きです。
・・・・・・、
隣の写真、大きくしすぎて
コメントの間がもたなくなって
きました(笑)
味ですか?
僕、嫌なとこは
よっぽどや無い限り
載せません。
あしからず。
c0116714_3482497.jpg

にゃははは・・・、でか(笑)
画像処理とか、自分のと違うカメラやと、また違うんですね・・・。
c0116714_3512553.jpg

あれ?今度はそれなりの大きさの写真に納まってる・・。
ま、おいしかったということで!(笑)いや、実際おいしかったですよ。
それよりもなによりも、やっぱり食事は、場所も大事ですが、
美味しいものを「美味しいね」と、一緒に思える人と行くのが一番ですよね。
そしてこの「美味しい!」っていう笑顔のために、また僕はパンを焼く・・・
そんな単純な思考に立ち返れる、大切なひとときでもあるんです。
# by monsieur-enfant | 2007-06-08 04:13 | 讃岐うどん 讃州

うちらしさ

昨日の「貯蔵鳴門金時」、見てもらえたんでしょうか?
定休日以外、更新しないと思われてるようで(笑)
ま、基本的にはそうなんですけど・・・。
でも、芋だけ見せて「はい、おしまい」も、ひどい話なので、
ちゃんとパンになったとこも、お知らせしときますね。
またなんとも「シュクレ」らしいと言いますかなんと言いますか・・・
また「地味」なパンになっちゃいました(笑)
c0116714_4254051.jpg


c0116714_4263336.jpg

でもね・・・
こいつらには、こいつらの、表情があるし、艶もあると思うんです。
フルーツみたいな鮮やかさは無いけれど
「焼き色」という彩りを纏ってます。
決して綺麗な造形では無いけれど、
「食欲」という欲求を揺さぶるような、
そんな色気のあるパンを、焼いていきたいな~って思ってます。
ってか、こんなんしか出来ないんですけど(笑)
# by monsieur-enfant | 2007-06-03 04:45 | シュクレクール

c0116714_5312080.jpg

初めてのリアルタイム(笑)
溜まってる記事はとりあえず、置いといて
今日、明日と、主役はこちら。 
いただきものの徳島「貯蔵鳴門金時」です。
収穫後、1ヶ月間土の中で熟成させてから出荷するんですって。
これを、姫路の酒蔵からいただいた大吟醸の酒かすと合わせて
少量のゆずの風味をしのばせてみようと思います。
生地は、北海道産100%の全粒粉を100%使用したコンプレです。

こういうお知らせが、本当はしたかったんですよね、ブログで。
次回の記事は、またまた5月16日まで戻りますけど(笑)
いつになったら追いつくやら・・・。
# by monsieur-enfant | 2007-06-02 05:46 | シュクレクール